取扱通貨

2014年01月19日

坐骨神経痛予防の動き方とコルセットの使い方

坐骨神経痛をストレッチで改善?! → http://reun.biz/z/uvXxja/




中学生時代に柔道の授業があり、
受け身をうまくとることができず坐骨神経痛を患うようになってしまいました。
ひどい時はギックリ腰を起こすので、日常生活における動き方も注意をしなければなりません。

特に気をつけているのが朝の洗顔です。
起きたばかりですと筋肉が固まった状態ですし、
洗面台で顔を洗おうと前のめりになると腰に大きな負担がかかり、
坐骨神経痛を発症してしまうことが何度があったのです。

これを防止するには膝を少し曲げて適切な高さに顔を持っていくことが大切です。
また、坐骨神経痛を発症してしまった場合はコルセットという矯正器具を腰部に巻くことになります。
腰から臀部にかけての筋肉を支えてくれるので姿勢が正しくなり痛みが緩和されるのです。
冬は腹巻き状態になりますし、私が持っているコルセットは遠赤外線効果のある繊維に加えて
磁石が組み込まれているので快適に利用できます。
夏はメッシュ式のコルセットにつけかえるのですが、
それでも蒸れてしまう場合は薄手の冷たい触感のあるシャツの上から巻くことで汗を吸収してくれて、
汗疹になるのを防止してくれる効果があります。



坐骨神経痛でお悩みの方はこちらをご覧ください → http://reun.biz/z/uvXxja/


posted by 坐骨神経痛治療家 at 07:41| Comment(0) | 坐骨神経痛の治療方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月08日

グルコサミンやコンドロイチンの違いとは

坐骨神経痛は自宅で解決できる! → http://reun.biz/z/uvXxja/



グルコサミンやコンドロイチンという言葉、最近よく耳にしますよね。
この2つの物質がいったいどういうものなのか、ご存知ですか?

グルコサミンとコンドロイチンは両方共関節痛の予防に効果があるとされている物質ですが、
全く違う物質であり効果も異なりますので、摂取する時は注意が必要です。

グルコサミンはアミノ酸の一種です。
アミノ酸はタンパク質を合成するのに必要な物質です。
関節痛の多くは繋ぎ目にある軟骨が傷つくことで発症するので、
軟骨を作っているタンパク質での元となるアミノ酸をとることで、
痛みを和らげる効果があるのです。

一方、コンドロイチンはムコ多糖類の一種です。
軟骨以外に皮膚や目などの粘膜にも含まれ、粘膜の水分を保持する役割があります。
また、軟骨を分解する酵素の働きを抑える作用ももっているため、
関節痛に効果があるというわけです。

この様にグルコサミンとコンドロイチンは全く異なる物質であり、作用も違います。

2つの物質を上手く組み合わせることで、
関節痛への治療への効果が大きくなることもありますがその反対もありますので、
両者の違いを知り効果的に利用することが大切です。


坐骨神経痛になってしまったらまずこちら → http://reun.biz/z/uvXxja/
posted by 坐骨神経痛治療家 at 05:31| Comment(0) | 坐骨神経痛の治療方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。