取扱通貨

2014年02月19日

腰痛の辛さ

坐骨神経痛の悩みをこちらで解決! → http://reun.biz/z/uvXxja/




私は大学生の頃、ハンドボールをしていて、練習中に腰を痛めました。
最初はあまり気にならない痛みだったのですが、
その後日が経つにつれて立ってられないほどの痛みに襲われました。
家から大学までは電車で30分くらいの場所にあったのですがその時間は苦痛でした。
 
 大学の講義では90分間座っていることもできずに、途中で抜け出し、
ベンチで横になったりしないと体がもちませんでした。
あまりに辛かったので医者に診てもらったらコルセットを巻いて6か月の絶対安静と言われ、
その間は痛みとの長い戦いでした。
背中全体から太ももの裏全体にかけて強烈な張りと痛みがあり、
ストレットをしようとしても腰に激痛が走るため何もできない日々が続きました。

 その後接骨院に通うことにした結果、電気治療とほぐしを週3日ほど2か月続けたことで大分腰が楽になり、
ごまかしながらでも何とか1日を過ごすことができましたが、
少し走ったり同じ姿勢を長く続けているとすぐに背中・もも裏が張り、痛みが出てきました。
接骨院に通うことで10年ほど経ちましたが、今では日常生活では何も支障なく生活できています。
ただ、今後年を重ねていくにつれ再発することが考えられるため、今は腹筋・背筋を鍛えています。




坐骨神経痛は自宅でのストレッチで改善! → http://reun.biz/z/uvXxja/


posted by 坐骨神経痛治療家 at 14:18| Comment(0) | 坐骨神経痛の治療方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月01日

梨状筋症候群を原因とする坐骨神経痛

坐骨神経痛を治す専門のストレッチはこちらから → http://reun.biz/z/uvXxja/




坐骨神経痛はお尻から足先へと伸びる坐骨神経が何らかの原因で刺激を受け、
痛みや痺れを生じる症状を指します。
この坐骨神経痛、実はしばしば誤診から不適切な治療が行われることでも有名です。

坐骨神経痛を引き起こす原因として、
腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症などを思い浮かべる方も多いと思いますが、
坐骨神経痛の原因は他にもあります。

梨状筋症候群という疾患を皆さんはご存知でしょうか。
あまり聞きなれないこの疾患、意外と多くの坐骨神経痛がこの疾患に由来するものです。

梨状筋はお尻にある筋肉で、すぐそばには坐骨神経が通っています。
この梨状筋が過度の運動や外傷などの影響で緊張状態になると
坐骨神経を圧迫し坐骨神経痛を引き起こすと考えられているのです。

ところが、梨状筋症候群は坐骨神経痛の原因として見落とされがちで、
そのことから不適切な治療に至るケースも少なくありません。
そこには坐骨神経痛の原因は椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症が
主原因だという意識が治療する側に強く存在しているからです。

誤診や不適切な治療を防ぐためにも、
治療者は広い視野を持ち診断を下さなければなりません。
その上で慎重に治療に臨むことが求められるのが坐骨神経痛なのです。



1日たったの5分で坐骨神経痛は治せる! → http://reun.biz/z/uvXxja/
posted by 坐骨神経痛治療家 at 03:57| Comment(0) | 坐骨神経痛の治療方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。