取扱通貨

2014年10月26日

腹筋をつけるのにはスクワット運動。医者もおすすめ

坐骨神経痛でお悩みの方は必見!⇒http://reun.biz/z/uvXxja/


腰痛の基礎的な処置として、腹筋を鍛えてあげることが大事です。
腰痛の人には運動不足の人が多く、腹筋が弱っているのに気がついていない人がいます。

対策としまして、医者もこれをされると商売ができなくなって困る、と言われている運動が、「スクワット」です。
スクワット運動は、空気椅子のようにお尻を下げて、少しだけ身体を揺らしてあげると、足から背筋までの筋肉の筋に負担をかけることが出来ます。
自分の出来る範囲で運動をすることが基本ですが、最低でも2日続けて1日休むという方法でトレーニングして、休養も必要になってくるのです。

筋力トレーニングは自分の身体に負担をかけるので、無理をすると身体を壊す原因にもなりかねないので、トレーニング・休養・トレーニング・休養を繰り返して筋力のUPを目指して行きましょう。
疲労も故障の原因になりますので、疲労を残さない運動と休養の取り方を学んで行きましょう。
腰を支えるのは背筋だけではなく、腹筋が必要になってきます。

バランスも大切なので、バランスボールなどを活用して体幹を鍛えるのも効果が出ますので、自分の無理のないようにたくさんのトレーニングをするようにして、腰を他の筋肉で守ってあげましょう。


坐骨神経痛でお悩みの方は必見!⇒http://reun.biz/z/uvXxja/


posted by 坐骨神経痛治療家 at 00:33| Comment(0) | 坐骨神経痛の治療方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。